スプリントドリル動画

トップスピードはどれだけ多くの力を鉛直方向に発揮できるかがカギとなる

  • トップスピードに近づくに連れて接地時間が短くなるとともに鉛直方向への力が増大する
  • 速く走るためには、水平方向よりも鉛直方向への力発揮率の増大が必要となる
  • 最大パワーの発揮には0.2秒程度かかるが、接地時間はそれよりも短い(0.1秒程度)のため、接地の前半により大きな力を伝える努力が必要である

  • ドリルのポイント

    • 鉛直方向のへ力発揮
    • 水平方向への力発揮
    • 弾性エネルギーの発揮(SSC)

    ———-  動画を見る  ———-

動きづくりドリル動画

https://vimeo.com/835142718/58f9c1f6d3?share=copy

コンテンツの残りを閲覧するにはログインが必要です。 お願い . あなたは会員ですか ? 会員について